4U35 SHIMANE
PROJECT
INTERVIEW
島根県内の企業・団体の若者にスポットを当てたインタビューコラム

U35 Voice

image

ひとつひとつ この街に
あかりを灯していくんです

サンベ電気
松江営業所工務係・34歳
遠藤 斉

前職は塗装の仕事でした。松江の塗装会社に入って10年やりましたね。塗装のスキルは自信ありましたよ。でも将来を考えるともっとキャリアを広げたくて、転職を考えたんです。

先輩が築いた信頼を受け継ぐ

ポリテクセンター島根(島根職業能力開発促進センター)で半年間電気設備を学んで、2017年にサンベ電気に入社しました。迷わず一択で。会社見学ですごく雰囲気がよくて。人が温かかったんです。
現在任されている仕事は店舗や住宅の電気設備の施工です。図面をつくって、工事費を積算して、現場管理も。松江営業所の工務チームは20〜40代の16人。自分の現場が終わると「そっち入れるよ」と他の現場をサポートします。効率化もありますが、助け合いのチームワークはお客さまの満足にも繋がるはず。以前、マンションの工事で住民の方に社名を聞かれたことがあります。そうしたら「サンベ電気さんなら安心だ」って言ってくださって。あれは嬉しかったな。先輩方が築いた信頼を受け継いでいきたいって、心から思いました。

地道で小さな積み重ねの先に

僕、出身は鳥取です。10年前に結婚を機に松江に来て、今はここが故郷みたいに感じます。この仕事は地道です。小さな工程を積み重ねて、やっと現場に明かりがつきます。その明かりがお店や住宅として、島根の街を照らすんです。街の風景の中に自分が関わった建物を見つける機会が増えました。「街にあかりを灯す仕事をしているんだ」って、そのたびに実感しますし、島根の未来を照らす仕事をしていきたいと思います。

10年後に向けた宣言
電気工事を通じ
明るい街づくりに貢献!!
電気工事を通じ、さらなるスキルアップを図り、同時に人間力を磨き高め、この島根に貢献できる格好いい大人を目指していきます!

profile

遠藤 斉
遠藤 斉 Hitoshi Endo
1988年鳥取県伯耆町生まれ。高校を卒業し広島でとび職に。その後松江で約10年、塗装の仕事に従事。島根職業能力開発促進センター(ポリテクセンター島根)での電気設備の訓練を経て、2017年にサンベ電気へ入社。「SDGsへ取り組みながら、地域の快適な環境づくりにも貢献できると思います」。
U35 Voice