4U35 SHIMANE
PROJECT
INTERVIEW
島根県内の企業・団体の若者にスポットを当てたインタビューコラム

U35 Voice

image

僕らは上と下の代をつなぐ
スロープを作る世代

松江土建
設計・IT推進部・30歳
多久和 邦章

2022年からIT推進課で土木工事の技術的な支援やアドバイスをしています。土木・建築工事の若手社員の教育も任せられていますが、やっぱり専門的な話はみんなハテナが浮かぶようなので、噛み砕いて説明するように頑張っています。

ITで働きやすい環境を作る

父が建築業、祖父が大工なので、僕も建築や工業の仕事に就くんだろうと思っていました。長男だから地元に残らないといけないかなと、県内就職を決めました。入社してすぐ、地域高規格道路「松江だんだん道路」の建設を担当したんですけど、完成した時の喜びは大きかったですね。友人から便利になったと言ってもらえるのが嬉しくて。もちろん、大変なこともたくさんあって、夏の暑い時に山に入って測量して、夜に書類を作成して……体力的にキツい時もあったし、目の前の仕事で手一杯でした。そういう部分こそITで軽減したいんですよね。実際、昔は半日がかりで調べていた土の量を、ドローンを使ってすぐに計算できるようになったりもしていて。地図に載るような大きなものを造る建設業の喜びはそのままに、現場の声を聞いて作業の省力化を進め、働きやすい環境を作りたいです。

若者に道筋を示してあげたい

島根県技術士準会員として、母校の松江高専の学生の進路相談もやっています。進路を県内か県外にするか悩んでいる学生が多いんですよ。僕自身、学生時代は同じ悩みを持っていたので、ざっくりとした道筋でも示してあげたい。若い人たちの価値観はどんどん変わっていくから、上と下の世代をつなぐことが大切だと思っていて。僕たちはそのスロープを作るような世代。建設というフィールドで、技術を継承できる仕組みをつくっていきたいです。

10年後に向けた宣言
つくった物がなくなったあとも、
残るものを作りたい
地図に残るような道路や建物をつくるだけでなく、IT技術を活用して、それ以上の価値を持つようなものをつくりたい。

profile

多久和 邦章
多久和 邦章 Kuniaki Takuwa
1992年松江市生まれ。松江高専卒業後、松江土建に就職。設計・IT推進部IT推進課主任として、工事現場における技術的な課題解決、書類作成、現場若手社員への技術指導や教育を担う。「松江は生まれ育った町。建設業を通して、若者が住みやすい、地元に残りたいと思える町づくりをしたいです」。
U35 Voice